Loading...
entry
ENTRY

PERSON #02
HIROKI MATSUBARA

販売営業

松原 弘樹   HIROKI MATSUBARA

2008年入社

東京第2営業所

“東リ=松原”を強く実感した地方勤務。

今年で入社10年目になりました。入社後の7年間は福岡営業所に在籍し、長崎・佐賀エリアを担当していました。地方勤務の魅力は“東リ=松原”であること。自分は“会社の顔”であるという自覚を都市部より強く感じられると思います。その根幹にあるのは、地元施工会社様との強い絆。営業担当者に寄せる信頼も厚く、私自身も期待に応えるため顧客中心主義を徹底的に貫きました。施工会社様とは連携してワークすることも多く、競合プレゼンではさまざまな側面からバックアップしていただき、何度も受注獲得に成功しました。一方で“東リ代表”として業界団体の会合にも出席する機会もありました。地元の名士の方々との交流は、今でも忘れられない特別な経験です。県庁や大型オフィスビルなど数々の物件を担い、街の躍動と密接につながる仕事に大きなやりがいを感じていました。地方での営業活動を通して、東リで働くことの誇りも育まれたと思います。

東京で得る刺激のもと、自己成長を加速。

「嘘をつかなくていい会社」。これが私の東リに対する印象です。営業担当として、品質に関しては絶対的な信頼感を抱いていますし、デザイナーや技術者のこだわりから生まれる魅力的な商品群は、自信を持って売り込めます。福岡から現在の部署に異動して担当業務は変わりましたが、自己成長に向けた気持ちに全く変化はありません。東京には、特定の市場・顧客などを開拓する営業のスペシャリストが数多く活躍し、多種多様な営業手法をダイレクトに吸収することができます。この環境は自身のキャリアアップにおいて貴重な財産となるはずです。これからは、憧れの上司・先輩を追い抜く気持ちで営業スキルを磨き続けるとともに、中堅世代としての自覚を育み、部署内の組織風土改革にも目を向けていきたい。特に、後輩たちの個性・能力をもっと引き出す職場環境づくりを自らに課す新たなテーマとして解決策を打ち出していきたいと考えています。